和田の復帰投生かした ソフトバンク交流戦で開幕連勝

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-2中日(5日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが接戦を制し、ベテラン左腕の復帰戦を白星で飾った。

 先発の和田は左肩故障から復帰し、2シーズンぶりの1軍登板。初回を三者凡退に抑え、2回に連打から犠飛で1点を先制された。それでも野手陣が奮起し、直後にベテランの松田宣、内川のソロで逆転した。

 和田は4回にビシエドに同点ソロを浴びたものの、5回のピンチは切り抜けて5回2失点。同点の状況で降板し、復帰戦で勝敗はつかなかった。

 和田の後を受けた椎野が6回の1イニングを無失点に抑えると、直後にデスパイネが勝ち越しソロ。8回にはグラシアルが2ランを放ち、好投の中日先発・大野雄を降板に追い込んだ。

 7回は武田、8回はモイネロが完璧に抑え、9回は森がピンチを招きながら無失点。椎野はプロ2年目で初白星を手にした。ソフトバンクは楽天に同一カード3連敗を喫し、パ・リーグ首位から3位に転落して交流戦を迎えていたが、一転の連勝スタートとなった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ