西武大敗 投手戦が7回に暗転

西日本スポーツ

 ◆西武1-9広島(5日・メットライフドーム)

 セ・リーグを代表する右腕との投げ合いには、悔しい結末が待っていた。十亀が昨季最多勝の大瀬良としびれる投手戦を展開したが、同点の7回に暗転した。1死満塁とされたところでマウンドを降りると、リリーフ陣が踏ん張れずにこの回だけで3失点。カープ打線の集中砲火を浴びた。

 十亀はセ王者を相手にした今季の交流戦初登板にも自然体で臨んだ。3回、先頭田中広に左翼二塁打を許した。2本の内野ゴロで先制点を与えたが、動じることはなかった。「データは少ないけど、しっかり自分の目で見て対応していきたい」。4回から6回までを3人ずつで封じた。

 投手陣は8回にも打ち込まれ、この回5失点。打線は4回に大瀬良から外崎が10号ソロを放った以外は沈黙し、大敗した。

PR

PR

注目のテーマ