西武・十亀7回に暗転 7回途中4失点 今季初黒星

西日本スポーツ

 ◆西武1-9広島(5日・メットライフドーム)

 一塁側を真っ赤に染めたカープファンの歓喜をベンチで見つめるしかなかった。十亀が大瀬良との投げ合いに敗れた。7回途中4失点で今季初黒星。「7回の途中で交代となったけど、今後はあのようなピンチの場面でもしっかり投げきることで信頼を得ていきたい」と悔しさをかみしめた。

 昨季の最多勝右腕を上回る快投を演じていた。3回に先制点を献上したが、4回から6回までをパーフェクト。「コースに決まっていた。インコースも攻めきれていた結果」と手応え十分だった。

 暗転したのは7回。1死二塁から四球と死球で満塁として、田中広を迎えた。辻監督は「田中は(十亀と)一番合っていたので。いかせてあげたい気持ちもあったけど、1点勝負だった」と左腕小川にスイッチ。結果的に継投は裏目に出た。十亀も「打たれていたのはあるけど、心中してもらえなかった。(信頼を)積み重ねていくしかない」。自らに勝負を任せてもらえず、悔しかった。

 十亀自身の無傷の連勝も3でストップ。チームはセ王者の広島に前夜のリベンジを食らった。3戦目でカード勝ち越しを決めて、交流戦の好発進を切りたい。 (小畑大悟)

PR

PR

注目のテーマ