ソフトバンク森、2戦連続15セーブ目

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-2中日(5日・ヤフオクドーム)

 守護神の森が、2戦連続となる15セーブ目を挙げた。3点リードの最終回に登板。2本の安打で2死一、二塁と一発が出れば同点のピンチこそ招いたが、最後は遠藤を右飛に打ち取り試合を締めた。「状態はいいと思う。(交流戦開幕から)三つ勝ったら大きいので、明日もしっかり準備して勝てるようにしたい」と、3連勝に向けて意気込んでいた。

PR

PR

注目のテーマ