ソフトバンクの四球が一転、三振に 工藤監督あ然

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-中日(6日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの1番釜元は初回、フルカウントから中日・山井の低めのストレートにバットを止めた。

 ボールの判定に釜元は一塁へ歩いたが、ここで審判団が協議。結果、空振り三振で打者アウトが宣告され、釜元はベンチへ引き揚げた。

 スタンドがどよめく中、両軍ベンチは好対照。中日与田監督が満足そうにうなずく一方、ソフトバンク工藤監督は口をあんぐり。釈然としない表情を浮かべた。

 この後、ソフトバンクは続く今宮が安打で出塁し、グラシアルが中越えに先制2ランを放った。
 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ