ソフトバンク-中日戦リクエストで明暗 不穏ムードも

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6-4中日(6日・ヤフオクドーム)

 勝ち越しに成功したソフトバンクが、リクエストでさらに1点を勝ち取った。

 同点の8回裏に2死から連打と重盗で二、三塁と中日ロドリゲスを攻め、グラシアルが中前打を放った。

 勝ち越しホームを踏んだ真砂に続き、ヘッドスライディングで本塁へ突入した今宮はアウトの判定。工藤監督がリクエストを要求し、約1分間のリプレー検証の結果、判定は覆ってセーフとなった。

 直前の8回表には、2死から中日・大島が右翼フェンス直撃の当たり。はね返った打球が転々とする間に本塁を突いてアウトになったが、微妙な判定だった。中日与田監督はリクエストを要求。約5分間にも及んだリプレー検証の結果、このときは当初のアウト判定から変わらなかった。

 8回裏にアウト判定が覆った際には、中日ベンチと審判団の間に不穏なムードも。歩み寄る審判団をベンチから出た与田監督が手で制し、事態の収拾を図る一幕もあった。

 試合はこのままソフトバンクが6-4で勝ち、この3連戦3連勝とした。
 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ