村田氏がラグビーの魅力語る 元日本代表、福岡市で講演会

西日本スポーツ

 東福岡高ラグビー部出身の元日本代表SHで、専大監督の村田亙氏(51)の講演会が6日、福岡市内のホテルで開かれた。ワールドカップ(W杯)に3大会連続で出場した経験を踏まえ、ラグビーの魅力やW杯の楽しみ方などを語った。

 福岡貿易会主催。村田氏はラグビーボールを持って登壇するとパスを披露し、約220人の出席者を沸かせた。高校入学時には身長149センチと小柄ながら、ボールを持ったら前に出る自分の強みを磨いて道を切り開いた経験を語った。

 日本人初のプロ選手としてのフランスリーグでの活躍を振り返り「結果を出せば認めてくれる」とチャレンジ精神の重要性も説いた。9月開幕のW杯で8強を狙う日本代表には「初戦のロシア戦に勝って波に乗りたい」とエールを送った。 (大窪正一)

PR

PR

注目のテーマ