ソフトバンク森、3日連続セーブ トップと1差16S

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6―4中日(6日・ヤフオクドーム)

 森が3日連続でセーブを挙げた。2点差の9回に登板。先頭高橋に一塁内野安打を許したものの、続くビシエドを内角高め直球で見逃し三振に切ると、2死後に京田を遊ゴロに仕留め、トップと1差に迫る今季16セーブ目となった。3日連続でセーブを挙げるのは、チーム7試合連続セーブのプロ野球新記録を樹立した昨季の9月22~25日の4日連続セーブ以来。「疲れていないと言えばうそになるけど、いけるときにはいきたい」と胸を張った。

PR

PR

注目のテーマ