ソフトバンク、負けてもおかしくない内容/藤原満氏の目

西日本スポーツ

西日本スポーツ評論家の藤原満 拡大

西日本スポーツ評論家の藤原満

 審判に言っておきたい。プロ野球は興行の世界。お客さんがあって成立する。初回に釜元が一度は四球と判定されながら、結局三振になった。見ている側は何が起こったか全く分からない。試合を裁く者として観客に説明する義務がある。リプレー検証になった8回の判定も含め、もっとしっかりしてもらいたい。

 試合については言いたいことがたくさんある。ホークスは負けてもおかしくない内容だった。4回1死一、二塁で川瀬は初球を打って併殺打。6回は1死満塁から押し出しで1点しか奪えなかった。7回1死満塁は内川が併殺打。これだけ拙攻が続けば、相手に流れがいく。案の定、8回に追い付かれた。

 8回の攻撃で結果的に勝ち越したが、グラシアルの打席での重盗も疑問だ。通常、あのケースは一塁が空けば歩かされる。中日ベンチも勝負しないサインだったようだが、ミスで徹底されなかっただけだ。相手により考えさせる、相手が嫌がる攻撃をしなければ、点は積み重なっていかない。

 ただ、勝って反省できることはいいことだ。3連勝で直前の3連敗を取り戻した。大竹に勝ちがついたことも大きい。勢いに乗っていける。 (西日本スポーツ評論家)

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ