ソフトバンク今宮、気迫の本塁突入 「アウト」一転「セーフ」

西日本スポーツ

8回2死二、三塁、グラシアルの中前の打球で本塁を突いた二走・今宮。リプレー検証で判定が覆りセーフに 拡大

8回2死二、三塁、グラシアルの中前の打球で本塁を突いた二走・今宮。リプレー検証で判定が覆りセーフに

 ◆ソフトバンク6―4中日(6日・ヤフオクドーム)

 今宮が気迫のヘッドスライディングで貴重な追加点をもぎ取った。同点の8回2死二、三塁。二走の今宮はグラシアルの中前適時打で本塁に突入。送球を捕球した捕手と距離をとって滑りながらも左手だけをいっぱいに伸ばしてホームベースに触れた。一時はアウトの判定も、リクエストで覆り生還が認められた。「リードが1点と2点じゃ大きな違い。(ホームベースを)タッチできていたか分からなかったけど、セーフになってよかった」。7試合ぶりのマルチ安打もマークし、表情は明るかった。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ