ソフトバンク真砂と高谷、今季初安打

西日本スポーツ

8回2死、中前打を放つ真砂 拡大

8回2死、中前打を放つ真砂

 ◆ソフトバンク6―4中日(6日・ヤフオクドーム)

 真砂と高谷がそろって今季初安打を放った。途中出場の真砂は8回2死、中前打を放ち、勝ち越しの起点となった。「うれしかった」としながらも、代打で登場した6回1死満塁で空振り三振に倒れたことを悔やんだ。7回の守備から出場した高谷は、その裏1死一、二塁で一塁線へ絶妙なセーフティーバント。「僕は小技を決めてなんぼの選手なんで」と笑みを浮かべた。守備では同点の8回2死、右翼フェンス直撃の当たりでランニング本塁打を狙った大島に対し、明石からの送球を受けてタッチ。アウトの判定に中日ベンチがリクエストしたが、約5分のリプレー検証の結果、判定は覆らなかった。ベテラン捕手は「勝ち越されなくてよかった」と胸をなで下ろした。

PR

PR

注目のテーマ