ソフトバンク・グラシアル「交流戦男」襲名! 3戦連発&V打

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6―4中日(6日・ヤフオクドーム)

 本当に頼れる助っ人だ! ジュリスベル・グラシアル内野手(33)が、初回に自身初の3戦連発となる先制2ランと8回の決勝2点打で4打点。自身初の交流戦で大活躍を見せている。チームはシーズン開幕3連勝に続き、12球団唯一の交流戦3連勝発進。楽天と同率ながら6日ぶりに首位に復帰した。中日3連戦で計10本塁打と打線は活発。この勢いでセ王者広島との敵地3連戦に臨む。

■今季最多の4打点

 期待に応えてグラシアルが勝負を決めた。1点リードを追い付かれた直後の8回。2死一、二塁から重盗で二、三塁となった。ロドリゲスの6球目、甘いカットボールを捉えて中前へ運んだ。三走の真砂が生還。二走の今宮は本塁でアウト判定も、工藤監督のリクエストで判定が覆った。「心を落ち着けて打席に立てたことが良かった。勝利に貢献できうれしい」。グラシアルは胸を張った。

 言葉通り、平常心が劇打を呼んだ。重盗で状況が変わった上、続く打者はデスパイネの代走で出たプロ無安打の九鬼。当然敬遠が考えられる場面だった。それでも「自分を信じることができたし、やるべきことに集中した」と頼もしい。

 先制打もこの男だ。初回1死一塁、山井の真っすぐをたたいた。中越えの12号2ラン。交流戦開幕とともに始まった連続試合アーチは、来日後初の3試合に伸びた。交流戦は昨年左手薬指骨折で離脱しており、今年が初体験。だが打棒は一層破壊力を増している。「本塁打は自分も満足感はもちろんある。でも、チームの勝利につながるような本塁打を打てるかどうかが重要。この数試合は満足のいく仕事ができた」。“交流戦男”はうなずく。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ