「一度飛ばそうかという判断」/工藤監督一問一答 6.6中日戦

西日本スポーツ

この試合4打点を挙げたグラシアルをねぎらう工藤監督 拡大

この試合4打点を挙げたグラシアルをねぎらう工藤監督

◆ソフトバンク6―4中日(6日・ヤフオクドーム)

 -接戦でつかんだ勝利。

 「グラシアルとデスパイネがよく頑張ってくれている。そこに回そうというチーム内の雰囲気もある。逆転されたかなと思った場面もあったが、しっかり点を取ってくれていい試合だった」

 -守備では8回に(大島の場面で)際どいプレーがあった。

 「なかなかああいう打球は難しい。外野も追い付くのが難しかった。(明石は)よくホームに投げてくれた」

 -大竹も粘って3勝目。

 「いい球と悪い球がちょっとはっきりしていたところはあるが、勝ちがついたことで、この1週間の過ごし方も変わる」

 -交流戦3連勝と上々のスタート。

 「最後まで息のつけない3試合。絶対勝つという強い気持ちがしっかり選手に出ていた。いい3連勝ができてよかった」

 -バンデンハークが出場選手登録を抹消された。

 「ちょっと肘に張りが出たので。一度(先発を)飛ばそうかという判断」

PR

PR

注目のテーマ