福岡大1年コンビ活躍誓う エース級村上&中軸桜田 全日本大学野球10日開幕

西日本スポーツ

全日本大学選手権での活躍を誓う福岡大の桜田(左)と村上 拡大

全日本大学選手権での活躍を誓う福岡大の桜田(左)と村上

第68回全日本大学野球選手権の組み合わせ

 第68回全日本大学野球選手権は10日に神宮球場などで開幕する。九州からは九産大(福岡六大学)、福岡大(九州六大学)、日本文理大(九州地区北部九州ブロック)、宮崎産経大(同南部九州ブロック)の4校が出場。3年連続30度目の出場で、リーグ戦でルーキーの活躍が光った福岡大は、最優秀選手賞に輝いた村上幸人(1年・九産大九州)と中軸に座った桜田晃生(1年・真颯館)が全国での活躍を誓った。

■悲願8強へ

 福岡大の村上にとっては10カ月遅れの待ちに待った全国大会のマウンドだ。甲子園出場を懸けた昨夏の南福岡大会は決勝で沖学園に0‐1で敗れている。「リーグ戦の優勝決定戦でも夏の決勝を思い出していた」。届かなかった甲子園(全国大会)への思いを大学で成就させた。

 今季はルーキーながらエース級の活躍ぶりだった。優勝決定戦までを含めて4勝。チームの勝ち数の半分を一人で挙げ、春3連覇の立役者となった。「入学前はベンチに入ることが目標だった」と言うがチームの主力投手の故障によって主戦投手に昇格。初シーズンで最優秀選手賞を獲得した。

 球速は「高校の時は141キロだったけど、春は138キロしか出なかった」と笑うが、走者を出してからの制球力と粘り強さは驚異的だ。全国初采配となる堀壮太監督が「1年生だが、村上に頑張ってもらわないと」と頼りにするルーキーは「打線が打ってくれると思う。今まで通りに投げたい」と冷静に話す。

 1年生唯一のレギュラー桜田は優勝決定戦を含めて10試合に指名打者で出場。真颯館高時代に20本塁打をマークした長打力を発揮し、北九大戦では本塁打を放った。「しっかりスイングできたのが良かった。全国は初めてなので楽しみ」と意気込んだ。初戦は11日に星槎道都大(札幌学生野球)と対戦。30度目出場の節目で、初の8強進出を目指す。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ