ソフトバンク甲斐が猛打賞 広島戦連続盗塁阻止「7」で止まる

西日本スポーツ

6回1死一、二塁、中越えの2点二塁打を放つ甲斐 拡大

6回1死一、二塁、中越えの2点二塁打を放つ甲斐

 ◆広島3―6ソフトバンク(7日・マツダスタジアム)

 甲斐が今季2度目の3安打猛打賞で千賀をサポートした。6回、1点を奪って、なお1死一、二塁で中堅フェンス直撃の2点二塁打。5回と9回にも左前打を放った。

 広島との公式戦で昨年の日本シリーズから続いた盗塁刺は、初回に菊池涼の二盗を刺しながら二塁川瀬に失策がついて走者が残る形で「7」に伸びたが、4回に田中広に二盗を許してストップ。それでも「意識していない」と言い切り「最終的に(走者を)ホームにかえさなければいい。そこは千賀の力ですね」と右腕をたたえた。

PR

PR

注目のテーマ