ソフトバンク福田2カ月ぶり2号「納得の一本」

西日本スポーツ

 ◆広島3―6ソフトバンク(7日・マツダスタジアム)

 福田が2号2ランで非常に貴重な追加点をもたらした。8回の守備から出場すると、鈴木の3ランで1点差に迫られた直後の9回1死二塁、中崎の初球の外角スライダーを左中間席に運んだ。

 4月7日のロッテ戦(ヤフオクドーム)以来2カ月ぶりの一発に「甘い球をしっかりたたけた。逆方向へのホームランはプロで初めてだと思う。納得の一本でした」と喜んだ。

PR

PR

注目のテーマ