ソフトバンク・モイネロ11戦ぶり失点…倉野コーチ「信頼変わらない」

西日本スポーツ

 ◆広島3―6ソフトバンク(7日・マツダスタジアム)

 セットアッパーのモイネロが11試合ぶりの失点を喫した。4点リードの8回から2番手で登板し、簡単に2死を奪った。ところが連打を許して一、二塁のピンチを招くと、4番の鈴木に高めの真っすぐを完璧に捉えられて3ランを献上。1点差に詰め寄られた。

 倉野投手コーチは「少しいい球と悪い球がはっきりしていたが、信頼は変わらないです」と、約1カ月ぶりに被弾した左腕を責めることはなかった。

PR

PR

注目のテーマ