西武榎田めった打ちKO 投手井納に同点打浴びた

西日本スポーツ

3回1死一、二塁、降板する西武・榎田 拡大

3回1死一、二塁、降板する西武・榎田

 ◆DeNA-西武(8日・横浜)

 西武の榎田大樹投手(32)が今季最短の3回途中でKOを食らった。

 初回に2点の援護を受けたが、2回に3点を奪われ逆転を許した。この回は無死からロペス、中井の連打で二、三塁のピンチ。1死後、大和の内野ゴロ間に1点を返されると、投手の井納に右前へ運ばれる同点打を浴びた。さらに2死一、二塁から桑原の中前タイムリーで逆転を許した。3回も先頭の筒香に右越えソロを許し、1死一、二塁とさらなるピンチを招いたところで降板を告げられた。

 2回1/3を被安打9の4失点。阪神時代の一昨年まで在籍したセ・リーグを相手に大荒れとなった内容に「調子自体は悪くありませんでした。点を取られてから両サイドより真ん中にボールが集まり、打たれてしまった。もっと丁寧にコーナーをつく投球ができれば良かった」と反省の言葉を並べた。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ