ソフトバンク交流戦開幕5連勝 内川V打「3番として何とかしないと」

西日本スポーツ

5回1死二塁、左翼線適時二塁打を放つ内川 拡大

5回1死二塁、左翼線適時二塁打を放つ内川

 ◆広島2-4ソフトバンク(8日・マツダスタジアム)

 ソフトバンクが交流戦開幕から5連勝を飾った。2回に高田の左前打で先制。その後は点の取り合いとなったが、2-2の同点で迎えた5回、先頭真砂のセーフティーバントが相手先発ジョンソンの悪送球を誘うと、1死二塁で内川が左翼線へ勝ち越しの二塁打を放った。さらに松田宣の中犠飛でもう1点を加えた。

 先発の高橋礼は7回を被安打6、2失点で千賀と並んでチームトップの6勝目。2点リードの9回、工藤監督は前日の7日まで4日連続セーブの森ではなく、モイネロを投入。左腕が3人でピシャリと締めた。

 ヒーローインタビューに立ったのは決勝打の内川。「真砂が何とか塁に出ようとしてくれたし、3番を打たせてもらっているので、何とかしないといけないと思っていた」と中軸打者らしく語った。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ