ソフトバンク釜元、左腕撃ちで貢献「何とか食らいついて…」

西日本スポーツ

4回2死二塁、右前適時打を放つ釜元 拡大

4回2死二塁、右前適時打を放つ釜元

 ◆広島2-4ソフトバンク(8日・マツダスタジアム)

 釜元が左腕打ちで存在感を示した。当初スタメン予定だったデスパイネに代わって、7番中堅で2試合ぶりに先発出場。1‐1で迎えた4回2死二塁で、ジョンソンが投じた外寄りカットボールを捉えて、右前へはじき返す一時勝ち越しのタイムリーをマークした。

 「何とか、食らいついていこうと思っていた。いい投手からチャンスで打ててよかった」とうなずいていた。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ