峰ドリーム戦快勝 開設65周年記念 【宮島】

西日本スポーツ

 宮島ボートのG1開設65周年記念「宮島チャンピオンカップ」が8日、開幕した。オープニングカードの1Rから4連続万舟と波乱の幕開けとなったが、ドリーム第1弾の12R「闘神ドリーム」は1号艇・峰竜太が逃げ快勝。圧倒的人気に応えた。機力も強力な行き足や伸びを中心に、早くも快速モードだ。予選組は、峰のまな弟子・山田康二をはじめ、古結宏、大上卓人が連勝発進。機力的には河合佑樹、谷川祐一の動きも光った。2日目12Rはドリーム第2弾「厳島ドリーム」。1号艇シードの前本泰和は機力、実戦勘において後れを取る状況。白井英治がシリーズを優位に進めるためにも、4カドから牙をむく。

PR

PR

注目のテーマ