ソフトバンク松本がKO 今季初登板初先発は4回途中3失点

西日本スポーツ

 ◆広島-ソフトバンク(9日・マツダスタジアム)

 今季初登板初先発だったソフトバンクの松本が4回途中3失点でKOされた。

 初回は力のある真っすぐを軸にカーブなど緩急を生かした投球で三者連続三振。上々の立ち上がりを披露した。

 ところが1点を先制してもらった直後の2回に鈴木に同点ソロを献上。再び勝ち越してもらった直後の4回は先頭の3番バティスタから鈴木、西川と広島のクリーンアップに三者連続で四球を与えて、無死満塁のピンチを招く。

 ここで会沢に左前へ同点適時打を浴び、なお無死満塁で田中広に中犠飛を許して勝ち越し点を奪われ、続く安部にも左前打を許し、ここでタオルを投げられた。「先発としての役割を果たすことができなかった。自分の持ち味を出すことができず、チームに迷惑をかけてしまった。いいところが全くなかったです」とうなだれた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ