西武松本航2勝目スルリ ドラ1対決で5回2失点

西日本スポーツ

 ◆DeNA6-4西武(9日・横浜)

 ドラフト1位新人の松本航投手(22)は5回2失点と粘りの投球を見せたが、今季2勝目は手にできなかった。

 DeNA先発の上茶谷とのドラ1対決。初回に1点を先制されたが、その後は走者を出しながらも粘りの投球を繰り広げた。1点リードの5回に無死満塁のピンチを招いたが、宮崎の同点の中犠飛の1点のみで切り抜け、6回に自身の代打として出場したメヒアの右犠飛で勝ち越し、勝利投手の権利を持っての降板となった。しかし、8回に登板した3番手のヒースが代打楠本に逆転満塁弾を浴び、3試合ぶりの白星は逃した。

 「前回登板では強い球を投げることができなかったので、腕を振って強い球を投げることを意識してマウンドに上がった。ボールが沈んでしまったり、弱い球もあったりしたけど、前回よりは良かった。変化球もしっかり腕を振って、カウントを取ることができたのも良かった。次回以降も腕を振り、強気の投球をしていきたい」とコメントした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ