ソフトバンク甲斐、2打点もリード反省「食い止めてあげたかった」

西日本スポーツ

2回1死一、三塁、先制のスクイズを決め、ナインに迎えられる甲斐(左) 拡大

2回1死一、三塁、先制のスクイズを決め、ナインに迎えられる甲斐(左)

 ◆広島3-2ソフトバンク(9日・マツダ)

 甲斐が絶妙なスクイズを決めた。2回1死一、三塁の先制機で、九里が2ボール1ストライクから投じた内寄りのシュートを三塁線へきっちり転がし、三塁走者のグラシアルを本塁に迎え入れた。

 「ああいう(形で)点が取れて良かった」。4回には一時勝ち越しとなる中前適時打も放ったが、先発松本が制球を乱して4回途中で降板。リード面では「何とか食い止めてあげたかった」と反省した。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ