ソフトバンク交流戦初黒星 広島に競り負けて連勝は「5」でストップ

西日本スポーツ

 ◆広島3-2ソフトバンク(9日・マツダ)

 交流戦に入って快進撃を続けていたソフトバンクの連勝が「5」で止まった。2回に甲斐の絶妙なスクイズで先制したが、直後に今季初登板初先発の松本が鈴木に17号ソロを浴びて同点とされた。4回には再び甲斐の適時打で勝ち越しながら、松本が3四球と制球を乱して無死満塁のピンチを招き、会沢の適時打と田中広の中犠飛で逆転を許した。

 広島を上回る10安打を放ったソフトバンクだったが、7回1死満塁の逆転機で内川が投ゴロ併殺に倒れたことも響いた。

PR

PR

注目のテーマ