今季初先発ソフトバンク松本が4回に急変 工藤監督も「球は良かった」

西日本スポーツ

9回の攻撃を見つめるソフトバンクの選手たち 拡大

9回の攻撃を見つめるソフトバンクの選手たち

4回、1死満塁のピンチで降板する松本 交流戦初黒星を喫し、ベンチを後にする工藤監督

 ◆広島3-2ソフトバンク(9日・マツダ)

 交流戦に入って快進撃を続けていたソフトバンクの連勝が「5」で止まり、パ・リーグの順位では中日に勝った楽天に同率首位で並ばれた。

 今季初登板初先発の松本が1点を勝ち越した直後の4回に突如コントロールを乱した。3番バティスタからの3連続四球で無死満塁として、会沢に内角の変化球を左前への同点打とされた。さらに田中広の中犠飛で勝ち越され、安部の左前打で再び塁を埋めて交代を命じられた。

 「先発としての役割を果たすことができなかった。自分の持ち味を出すことができず、チームに迷惑をかけた。いいところが全くなかった」。先制した直後の2回も鈴木に同点ソロを浴びるなど、4回途中3失点で敗戦投手となった23歳の右腕はうなだれた。

 初回に3者連続の空振り三振を奪う立ち上がり。3回も三者凡退で片付けており、工藤監督も「球は良かった。4回だけだったですけど、コントロールしきれなかった」と残念そうに振り返った。松本も「次は同じことをしないように」と名誉挽回を誓った。

 救援陣が無失点リレーで打線の奮起を待ったが、中盤以降はあと1本が出ずに惜敗。それでも、工藤監督は「けが人が多い中で、みんなが集中してやってくれた。1週間を考えるといい戦いだった」と振り返った。昨年の日本シリーズで対戦した広島との3連戦は左太もも裏が万全ではない今宮らを先発で使えなかったものの、2カード連続の勝ち越しには成功。チーム一丸の戦いが数字に結び付いたことを強調した。

PR

PR

注目のテーマ