及川裕奨、柳原真緒にV期待/ミッドナイトF2

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイトは9日、決勝進出を懸けた2日目の攻防。ガールズ予選2走目の1Rは、寺井えりかの単騎かましにハマった梶田舞がBS手前から2番手捲りで制圧。続く2Rは、柳原真緒(写真下)が6番手捲りで圧勝。HS4番手から合わせて出た捲った中川諒子を力ずくで捲り切った。

 チャレンジ戦の準決7Rは、鐘前から大知正和を叩いた栗本尚宗が力強いペース先行で押し切り。8Rは、及川裕奨(写真上)の捲りに切り替えた上原直樹がゴール前で余裕の差し切り。9Rは3番手をキープした田中和磨が、古川喬の先行を2角手前から一気に捲って制した。

 最終日の8Rガールズ決勝は柳原、9Rのチャレンジ決勝は及川をそれぞれ本命に推す。


【8R・ガールズ決勝】
(1)中川諒子 まだ柳原さんの仕掛けを待っても良かったけど、決勝じゃなかったので勇気を持って動きました。でも脚力が全然、違っていましたね(苦笑)。優勝できるように何でも。
(2)飯塚朋子 3回くらいバックを踏んだ分、最後は梶田さんに離れてしまった。でも連続で確定板に載れたし、状態自体はいい。流れで好位を。
(3)佐伯智恵 中川さんの後ろが取れたし、流れにうまく乗れました。脚の感じも悪くありません。流れを見ながら、好位を狙いたい。
(4)中野 咲 勝ち上がれたから結果的には良かったんですけど、初日に続いて消極的なレースでした(苦笑)。決勝こそは積極的に、自在に動きたい。
(5)梶田 舞 誰も捲って来なかったので、待ってから仕掛けました。久々に連勝で勝ち上がれたけど、感触は初日の方が良かったですね。自力。
(6)高橋梨香 先に仕掛けても梶田さんに合わされるだろうから、じっとしているしかなかった。チェーンを調整した分、最後は伸びたかも。流れを見て自在に。
(7)柳原真緒 初日は仕掛けが早かった分もあるけど、その時よりはいい感じで踏めました。修正点? もっと落ち着いて走れたらいいなと思います。自力で。


【9R・チャレンジ決勝】
(1)田中和磨 3番手に入っていたし、無理やりに仕掛けるよりも冷静に捲りました。脚の感じは悪くないですね。初日と同じで上原さんと連係するし、またワンツーを決めたい。自力で。
(2)栗本尚宗 落ち着いてレースができたし、勝負どころで思い切って踏めました。感じは悪くない。自力勝負。
(3)大知正和 3番手に入ったんだけど、それまでに脚を使っていて捲り追い込みになっちゃいましたね。及川君がいいって言ってくれたので、栗本君の後ろに。
(4)及川裕奨 スピーディーな捲りじゃなかったにしても、切り替えてきた上原さんが強かった。中団からの踏み込みが良くなかったので修正したい。栗本君がいるけど自分でやる。
(5)菅藤 智 大知さんが前々に攻めてくれたおかげで、自分にたまたま展開が向いた。本当にそれだけですよ(笑)。ここも大知さんに。
(6)喜納隆志 田中君が強かった。今期は三半規管を悪くして休んでいる時期があったけど、調子は良くなってきていますよ。準決でお世話になったし、岡山の3番手で。
(7)上原直樹 平川君がライン2車なのに頑張ってくれたおかげで、うまく及川君の番手にスイッチできましたね。いまは練習環境に恵まれているし、調子も悪くないですね。田中君の後ろ。


<各レースの見どころ>

 (1R)近2場所で2連対を果たした選手がいない。超・難解レースだが、前期の競走得点がともに49点だった山本、寺井の実績を重視してみる。
 【3連単】1=6―235。

 (2R)75点を持つ補充の松永が本命。中団キープから浅井の捲りに飛び付いてゴール前勝負だ。
 【3連単】1=7―245。

 (3R)吉田はA級2班の点数に余裕がない。きっちりと勝っておきたい。ラインの長さで秋永。
 【3連単】3=1―247。

 (4R)展開が向くのは、藤崎のロングスパートに乗れる沢亀。ただしデキは良くないだけに過信禁物。
 【3連単】1=7―235。狙いは菅原と加藤の両立で2=3―145。

 (5R)準決の浅野は、最後方からものすごい伸びを見せていた。国井が先手を取ってくれれば十分に勝ち切れる。総合力なら岡田。渋川は「先手ラインから自在に」。
 【3連単】2=1―347。2―7―34。

 (6R)初日にワンツーを決めた中村と多田が再び連独占へ。大穴はセッティングを戻して上向いた柊元かも。
 【3連単】1―7=2345。

 (7R)準決で上原を連れて逃走した平川の動きが悪くない。番手が同級生で仲良しの高田なのも好材料。清水は善方に脚を消耗させられそうなのが…。
 【3連単】4―2=1257。

 (8R)パワー最上位の柳原が大外枠を克服して、今年3度目のVをつかむ。劇的に良化してきた梶田の勝負強さも互角。
 【3連単】7=5―126。

 (9R)ラインは3対3の2分戦。113期同士の田中と栗本が火花を散らせば、単騎を選択した及川の一発が決まるとみた。
 【3連単】4―7=123。
 

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ