西武「ブルペンデー」で完封 ホームの巨人戦5連勝

西日本スポーツ

 ◆西武4-0巨人(11日・メットライフドーム)

 アクシデントを力に変えた西武がこのカード2年ぶりの完封勝ちを収めた。

 当初先発する予定だった今井が発熱により急きょ登板を回避。いわゆる「ブルペンデー」として小刻みに中継ぎをつなぐプランで臨んだ試合で、緊急先発の佐野が期待を大きく上回る快投を見せた。今季自己最長の4回を投げ被安打1の無失点。「昨日(10日)、先発と言われた。リリーフでできていることや練習で取り組んでいることを出せた」と胸を張った。

 初回は亀井、坂本勇、丸を6球で三者凡退に抑え4回1死までパーフェクト投球。その後は四球と単打で1死一、二塁のピンチを招いたが、4番の岡本を遊ゴロ併殺に仕留めて切り抜けた。5回にバトンを受けたマーティンは四死球などで走者を背負いながらも3回を無失点。8回は平井、9回は増田が抑えた。

 西武の完封勝ちは今季3度目。過去は多和田、今井が1人で完封したもので、継投によるものは今季初めてだ。本拠地での巨人戦は2016年から数えて5連勝となった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ