ソフトバンク今宮9回2死で紙一重同点打 メッセ呆然

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-阪神(11日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク今宮が起死回生の同点打を放った。

 左太もも裏の状態を考慮されベンチスタートが続いていたが、「2番・遊撃」で4試合ぶりにスタメン出場。阪神先発のメッセンジャーの前に第3打席まで無安打に抑えられていたが、1点を追う9回2死二塁、同点の左前打を放った。

 打球は飛び込んだ左翼手・福留のグラブのわずか前でワンバウンド。1失点完投勝利が目前だったメッセンジャーは、思わずぼう然の場面だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ