阪神ドリス頭抱えるも…ソフトバンク絶好機逃しドロー

西日本スポーツ

1回1死満塁となり、浮かない表情の工藤監督(左から2人目) 拡大

1回1死満塁となり、浮かない表情の工藤監督(左から2人目)

 ◆ソフトバンク2-2阪神(11日・ヤフオクドーム)

 土壇場に絶好機を迎えたソフトバンクながら、勝ちきれなかった。

 今宮、デスパイネが4試合ぶりにスタメン復帰した打線が、阪神先発のメッセンジャーに大苦戦。2点を先行された直後の4回、福田がソロを放って1点差としたものの、つながりを欠いた。

 1点ビハインドのまま迎えた9回、走者を二塁まで進めたが2死。メッセンジャーに1失点での完投勝利を許す寸前だったが、ここで今宮が同点の左前打を放ち、試合を振り出しに戻した。

 先発ミランダは6回2失点で、後を受けた救援6投手が無失点リレーを見せた。2-2のまま迎えた延長12回無死、グラシアルが内野安打で出塁。代走川瀬が阪神ドリスのけん制悪送球で二塁に進み、ドリスは頭を抱えた。

 川瀬はさらにドリスの暴投で三塁に進塁し無死三塁。ところが真砂が三振、松田宣が遊ゴロ。明石も左飛に倒れ、ロースコアの一戦は今季交流戦最初のドローで決着した。