西武十亀ホームで巨人に無敗 ブルペンデー明け先発「長い回を」

西日本スポーツ

 西武は12日の巨人戦(メットライフドーム)に十亀剣投手(31)が先発する。

 11日のこのカードは救援の佐野が代役で先発。当初先発する予定だった今井が発熱により急きょ登板を回避したための措置で、いわゆる「ブルペンデー」として4投手のリレーで零封した。5日の広島戦では7回途中4失点で降板、自身の連勝が3で止まった十亀は「ストライク先行で長いイニングを投げたい。6回じゃもうちょっとなので、7回は」とブルペンの負担を減らす役割を自覚して力を込めた。

 十亀は過去の巨人戦で中継ぎ2、先発3の計5試合に登板し通算2勝1敗1ホールド。勝ち星はいずれもメットライフドームで先発して挙げたもので、本拠地では負けたことがない。このカードは昨年の交流戦では投げていないため2年ぶりの登板となる。

 今井は11日も練習に参加しなかったが、熱は下がっている様子。小野投手コーチは「1週飛ばせば」と話しており、18日からの中日戦(ナゴヤドーム)で復帰を目指す方針だ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ