峰が予選トップ通過【宮島】

西日本スポーツ

 宮島ボートのG1開設65周年記念「宮島チャンピオンカップ」は12日、ファイナル進出を懸けた準優3番が争われる。トップ通過は峰竜太。初日から終始、首位の座を守り抜き、予選ラストの12Rも1着とはまさに千両役者。宮島周年初制覇へカウントダウンが始まった。(1)(2)でまとめた地元エースの辻栄蔵が2位、前日まで2位の大上卓人も何とか3位に踏みとどまり、G1では初の準優1号艇を獲得した。準優の最終ボーダーは5・50まで大きく下がり、前本泰和、永井彪也、飯島昌弘が同率で並んだが、上位着順の差で前本が生き残った。

PR

PR

注目のテーマ