西武・今季初ブルペンデー 辻監督「まさか」0封 

西日本スポーツ

 ◆西武4―0巨人(11日・メットライフドーム)

 終わってみればスコアボードに9個の「0」が並んでいた。発熱による今井の先発回避で訪れた今季初の「ブルペンデー」。先発の佐野以降4投手が無失点リレーだ。チームの完封勝利は今季3度目だが、過去は多和田、今井の完投。「まさか完封できるとは」。うれしい誤算に、辻監督は満面に笑みを浮かべた。

 緊急先発の佐野が幸先よいスタートを切った。「先発という変な意識を持たずにロングリリーフという気持ちで臨んだ」。初回、亀井、坂本勇、丸をわずか6球で三者凡退に片付けると、4回1死までパーフェクト。4回を被安打1、無失点でつないだ。

 「中継ぎ」の意識は前日の過ごし方にも表れた。10日の午前10時ごろ、小野投手コーチからの電話で先発を伝えられた。休日で娘と出かけている時の突然の通告にも「中継ぎの感じでいこうと普段通り過ごした」。慌ててトレーニングをすることもなく、体を休めた。

 2番手マーティンも今季最長の3イニングを無失点で乗りきった。これは指揮官の思惑通り。安定感を欠いていた助っ人について「1イニングだと力みすぎるところがあったので、2~3イニングいくよ、と言ったらリラックスして投げられると感じていた」と説明した。

 後は平井と増田の勝ちパターンで完結。非常事態でも連敗を止めた。辻監督は「明日は(先発の)十亀に頑張ってもらわないと」。大きな白星となりそうだ。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ