ミランダ結果は出したが…いただけないプレー/斉藤和巳氏の目

西日本スポーツ

西日本スポーツ評論家の斉藤和巳氏 拡大

西日本スポーツ評論家の斉藤和巳氏

 ◆ソフトバンク2―2阪神(11日・ヤフオクドーム)

 ミランダは打たれていない。3安打されたうち1本はバント安打で、捉えられたのは2本のみ。6回を2失点だから先発として結果は出したのだが、失点をしてしまった状況はお粗末だ。4回のバント処理は三塁に任せるべき打球だった。安打にしてしまったために、2失点目につながった。防げる失点だった。5回も先頭打者を打ち取りながらも一塁に悪送球。その後、併殺などで切り抜けたが、あのプレーはいただけない。

 4回以降、真っすぐやチェンジアップが抜けて浮き出したが、フォームに欠点は見当たらない。今後もローテーションを守り続けることが大切だ。

 打線はメッセンジャーのカーブにやられた。真っすぐとフォークは頭にあったが、低めにあれだけカーブが決まるとは予測していなかったのではないか。そうは打てない投球内容だった。それならば、少しでもダメージを与えるために球数を投げさせるといった工夫が必要だった。9回にマウンドに上がるメッセンジャーは、100球にも達していなかった。ホームランが打てないとなかなか勝てない。今季の悪い傾向が出た試合だった。 (西日本スポーツ評論家)

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ