9回2死追い付いたのに…ソフトバンク痛恨ドロー リーグ首位陥落

西日本スポーツ

延長12回2死三塁、左飛に倒れ天を仰ぐ明石 拡大

延長12回2死三塁、左飛に倒れ天を仰ぐ明石

延長12回1死三塁、遊ゴロに倒れた松田宣 延長12回無死三塁、空振り三振に倒れた真砂 延長12回、引き分けに終わり、グラウンドに一礼する工藤監督

 ◆ソフトバンク2―2阪神(11日・ヤフオクドーム)

 9回2死から今宮健太内野手(27)の適時打で同点に追い付いたホークスだったが、延長12回無死三塁の好機を生かせず引き分けに終わった。交流戦単独首位はキープしたものの、楽天がヤクルトに勝ったため、リーグ首位から転落。同じく広島に勝った日本ハムと2位で並ばれた。後々、あのドローが…とならなければいいのだが。

■交流戦1位はキープ

 負けなかった。だが、勝てなかった。同点の延長12回。先頭グラシアルの内野安打と相手ミスで、無死三塁の絶好機が生まれると、スタンドのタカ党のボルテージは最高潮に達した。だが、サヨナラ勝ちを信じてやまない歓声の中、真砂が空振り三振。続く松田宣は遊ゴロに倒れた。最後は明石が捉えたかに見えた打球は左翼手の正面を突き試合終了。4時間42分のロングゲームは、観客席の大きなため息で幕を閉じた。

 「ピッチャーはよく投げた。リリーフ陣もピンチはあったけどしっかり抑えたところは非常に良かった。負けなかったことはプラスに考えてます。9回に非常にいい攻撃ができて同点に追い付いたんでね」

 絶好のチャンスであと一本が出ずサヨナラ勝ちに持ち込めなかったが、工藤監督は「勝ちに等しい引き分け」を強調した。打線はメッセンジャーの前に8回まで2安打1得点と苦しんだ中、1点を追う土壇場の9回に今宮の適時打で同点に。指揮官の言葉通り、黒星をドローにまで持ってきたともみられなくもないが、舞台が交流戦だけにそう楽観視もできない。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ