西武・十亀 昨季チームメート炭谷に痛恨逆転打

西日本スポーツ

4回無死二、三塁、巨人・炭谷は逆転2点適時打を放ち、悪送球の間に三塁に進む 拡大

4回無死二、三塁、巨人・炭谷は逆転2点適時打を放ち、悪送球の間に三塁に進む

 ◆西武4-9巨人(12日・メットライフドーム)

 リードを奪ったのもつかの間だった。逆転に成功した直後の4回。先発十亀が踏ん張りきれなかった。ゲレーロ、若林の連打で無死二、三塁のピンチを招くと、昨季まで同僚だった炭谷に逆転の中前2点打を浴びた。

 「しっかり長いイニングを投げて、(投手陣を)カバーできるようにしたい。できれば7回はいきたい」。11日は今井の先発回避による「ブルペンデー」を強いられ、中継ぎ4投手が無失点リレーで連敗を止めた。十亀には先発として長いイニングの投球が求められた。

 初回、亀井に先頭打者本塁打を許す苦しい立ち上がりとなった。3回には岡本に右中間適時二塁打を浴び、追加点を許した。「力まないことを考えて投げていきたい」。大崩れせずに何とか踏みとどまると、3回に山川の左翼線3点二塁打で逆転してもらったが、昨年までバッテリーを組んだ盟友の炭谷に手痛い逆転打を浴びた。

 4回には山川が2死満塁の好機で打席に入ったが、しりもちをつく豪快なスイングで空振り三振に倒れた。十亀は5回からマウンドを降りる7回までは3人ずつで仕留めたが、打線の援護はなく、2番手の小川と3番手森脇が8回だけで計4失点して惨敗。連勝できなかった。