阪神高橋遥ガックリ ソフトバンク・グラシアル会心弾

西日本スポーツ

7回1死一、二塁、先制3ランを放ったグラシアル 拡大

7回1死一、二塁、先制3ランを放ったグラシアル

 ◆ソフトバンク-阪神(13日・ヤフオクドーム)

 緊迫した投手戦を助っ人のホームランが動かした。

 ソフトバンク大竹、阪神高橋遥と両左腕の好投で0-0のまま迎えた7回。ソフトバンクは今宮と、この試合3番に入った内川の連打で無死一、二塁。ここでデスパイネは空振り三振に倒れた。

 続くグラシアルは2球で追い込まれながら、3球目の際どい外角ストレートを見送って判定はボール。続く4球目、内角低めのカットボールを左翼席へ放り込んだ。

 打席から歩きだしたグラシアルがポンと手をたたいた一方、ぼう然と打球を見送った高橋遥は思わず両膝に手をついてガックリ。阪神ベンチの矢野監督、福原投手コーチも絶句していた。

PR

PR

注目のテーマ