阪神沈黙…ソフトバンク大竹16人連続斬り お立ち台も隙なし

西日本スポーツ

お立ち台でポーズを取る大竹(左)とグラシアル 拡大

お立ち台でポーズを取る大竹(左)とグラシアル

 ◆ソフトバンク3-0阪神(13日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク大竹が8回2安打無失点の快投で、今季4勝目を挙げた。

 同じ大卒2年目左腕の阪神・高橋遥との投げ合い。高山に初安打を許した3回の1死二塁を切り抜けると、打ち気をそらして阪神打線を寄せ付けなかった。

 試合後は決勝アーチのグラシアルとお立ち台へ。「(高橋遥は)同級生ということもあって、すごく気持ちも入りました。最後こうやって勝てて良かった」と笑顔を見せた。

 「狙い球を絞ってきているのが分かった。打者の反応を見ながら冷静に投げました」と振り返り「自分の持ち味は緩急。ストレートを速く見せるような配球で、今日はチェンジアップを多投しました」と明かした。

 途中打者16人連続凡退に打ち取ったことには「そういうときに限ってよくあるのが一発。それだけは気をつけて(制球を)間違えないように投げました」。自身3試合連続白星にも「いいときも悪いときもあります。そこで一喜一憂しないで、また次へ準備を続けることが大事だと思う」と談話にも隙がなかった。

PR

PR

注目のテーマ