西武、また炭谷にやられた 零封から一転Gに負け越し

西日本スポーツ

 ◆西武2-8巨人(13日・メットライフドーム)

 西武が連敗した。先発の郭俊麟が1点ビハインドの4回2死二、三塁、炭谷に初球の甘い真っすぐを左翼席への3ランとされた。今季西武から巨人にフリーエージェント(FA)移籍した炭谷には、前日の12日も十亀が逆転2点打を打たれていた。5回には、2番手の左腕小川が左打者の阿部に2ランを食らって、リードを広げられた。

 西武は先発予定だった今井の発熱で「ブルペンデー」となった11日のカード初戦で零封勝ちしたが、そこから元チームメートの活躍を許して連敗。2カード連続の負け越しとなった。

PR

PR

注目のテーマ