竜も鯉も虎も斬った 好漢グラシアル交流戦トップ5発

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-0阪神(13日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク・グラシアルが値千金の決勝アーチを放った。

 自軍の大竹、阪神の高橋遥と両先発による投手戦。0-0で迎えた7回1死一、二塁で、追い込まれながらも高橋遥の内角低めに食い込むカットボールを左翼席へ運んだ。

 試合後のお立ち台では「オオタケはすごくいいピッチングをしていた。相手のピッチャーもすごいピッチャーだった」とスポーツマンシップに則った上で「インコースを攻撃的に打ってやろうと思っていた。それが点につながって良かった」と胸を張った。

 この交流戦は滑り出しの中日戦で3試合連続アーチ。続く広島戦でも1発、今回の阪神戦でも1発。開幕から全3カードで本塁打を放っており、交流戦5発は12球団トップ。14日からの3連戦でもDeNAの脅威となりそうだ。

PR

PR

注目のテーマ