ソフトバンク今宮、攻守で大竹アシスト

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-0阪神(13日・ヤフオクドーム)

 今宮が攻守で先発の大竹を盛り上げた。打撃では先頭打者の7回に高橋遥の内角低めのシュートを左前に運び、続く内川とともにグラシアルの決勝3ランにつなげた。

 守備では初回に1番近本の三遊間への難しいゴロを逆シングルでさばくと、俊足のルーキーを一塁で刺した。「大竹の立ち上がりという意味では、しっかりアウトを取れたのは良かった」と胸を張った。

PR

PR

注目のテーマ