西武苦しい先発ローテ 郭俊麟4回4失点KOで抹消へ 勝率5割逆戻り

西日本スポーツ

4回2死二、三塁、巨人・炭谷に3ランを浴びた西武・郭俊麟 拡大

4回2死二、三塁、巨人・炭谷に3ランを浴びた西武・郭俊麟

 ◆西武2-8巨人(13日・メットライフドーム)

 昨年までのチームメートに、またも痛打を食らった。1点ビハインドの4回2死二、三塁。郭俊麟は炭谷に初球の甘い真っすぐを左翼席への3ランとされた。

 炭谷には12日も十亀が逆転2点打を打たれており、2戦連続で古巣が引き立て役に。試合前は扇の要として長くチームを支えた炭谷に声援を送った西武ファンも“恩返し弾”に声を失った。辻監督は今回の3ランに「あそこに投げたら打つよ。パワーあるんだから。あの1球がすべて」と首をかしげた。

 4回4失点で黒星を喫した郭俊麟は「有利なカウントに持っていけず、自分を苦しめた」と悔やんだ。試合後に出場選手登録を抹消されることが決まり、先発ローテはさらに苦しくなった。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ