ソフトバンク・バンデンハークが右肘検査で渡米へ

西日本スポーツ

米国で右肘の診察を受けるため、福岡空港を出発するバンデンハーク 拡大

米国で右肘の診察を受けるため、福岡空港を出発するバンデンハーク

 福岡ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手(34)が14日、米ロサンゼルスの病院で右肘の検査をするため、福岡空港を出発した。


 同空港で報道陣の取材に対応したバンデンハークは「1日でも早く戻るためにどういうオプションがあるのか考えてやりたいと思ったので、球団にもお願いした。手術の可能性もないとは言えない」と、クリーニング手術を受ける可能性にも言及した。


 腰痛で出遅れた今季は、今月4日の中日戦で今季初登板し、6回途中を投げて4失点。白星を手にしたものの、登板後に右肘の張りを訴えて6日に出場選手登録を抹消されていた。当初は短期間での復帰を目指していたが、その後の状態が思わしくなく、米国での検査を決断するに至った。
 

PR

PR

注目のテーマ