ソフトバンク千賀まさか…痛恨の満塁被弾にガックリ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-DeNA(14日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク千賀が痛恨被弾にうなだれた。

 1-1と同点の6回、連打と四球で無死満塁のピンチ。佐野は左翼ポール際へのファウルを打たれながら空振り三振に仕留めたが、続くソトに高めのストレートを右翼ポール際にたたきこまれた。

 前の2打席は連続三振に抑えていた打者にグランドスラムを食らい、思わず両膝に手をついた千賀。そのまましばらく動けず、三塁の松田宣が駆け寄って声をかけた。

 この試合は3回、9番柴田に甘く入ったツーシームを右翼席への今季1号とされ、先制を許していた。試合前まで互いにリーグ防御率1位のDeNA今永との投げ合い。5回に松田宣のソロで追いついた直後だったが、まさかの展開の連続だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ