ソフトバンク猛追も…本拠でDeNAに5年ぶり負けた

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-5DeNA(14日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは反撃も及ばず敗れた。

 自軍の千賀、DeNA今永と、試合前まで両リーグ防御率トップ同士の投げ合い。互いに2回まで無安打の立ち上がりだったが、3回、千賀がDeNA柴田に初安打となる今季1号の先制ソロを許した。

 上林が復帰した打線は今永相手に一人の走者も出せずにいたが、5回に松田宣がこちらもチーム初安打となる同点ソロ。ところが直後の6回、千賀がソトに満塁本塁打を浴び、この回限りで降板した。

 6回に甲斐のソロで1点を返し、7回のピンチを救援陣がしのぐと、松田宣が2打席連発となるソロ。2点差として今永を降板に追い込むと、8回もDeNA救援陣を攻め、内川の内野ゴロの間に1点差とした。

 なおも2死二、三塁でグラシアルが空振り三振。9回も山崎から1死二塁とチャンスはつくったが、後続が倒れた。

 昨季まで39勝16敗1分けとDeNAとは好相性だったが、初戦で黒星。ヤフオクドームでDeNAに敗れるのは2014年6月15日以来、5年ぶりだ。

PR

PR

注目のテーマ