西武・高橋光1失点完投7勝

西日本スポーツ

 ◆西武11―1ヤクルト(14日・メットライフドーム)

 高橋光が3年ぶりの完投勝利を挙げた。鋭いフォークを効果的に使い、10安打を許しながら4併殺を奪って1失点に抑えた。「ヒットを打たれても、最少失点に抑えられたのが一番。9回まで何とか行きたかった」。自身5連勝での今季7勝目に表情がほころんだ。先発ローテーションの軸として成長著しい右腕の好投に、辻監督も「終盤にも150キロが出ていた。力まず投げられている」と目を細めた。

PR

PR

注目のテーマ