反省生かすベテラン捕手/プロ野球番記者コラム

西日本スポーツ

8回2死、右越えの打球を放った中日・大島(右)は本塁を突くがタッチアウト。捕手・高谷=6月6日 拡大

8回2死、右越えの打球を放った中日・大島(右)は本塁を突くがタッチアウト。捕手・高谷=6月6日

 ベテラン捕手の機転が光ったシーンがあった。8日の広島戦、2点リードで迎えた8回の守備だ。この回から登板した武田が先頭菊池涼に四球を与え、続くバティスタにも2ボールとなった場面。高谷がマウンドへ向かい武田の肩をさすった。落ち着きを取り戻した武田は遊飛に打ち取り、後続も抑えた。

 広島戦からさかのぼること2日、6日の中日戦で終盤にマスクをかぶった高谷はある場面を悔やんでいた。それは1点リードの8回に大竹が先頭の武山に同点弾を浴びたシーン。カウントは3‐1だった。「大竹は先頭打者を出さないよう慎重になっていた。2ボールになった時に声を掛けていればよかった」。この反省が冒頭の広島戦に生きた形だ。

 今季のスタメン出場は1試合だけだが、終盤に「抑え捕手」としてマスクをかぶる機会も多い。目立たないかもしれないが、チームに欠かせない存在であることは間違いない。 (長浜幸治)

PR

PR

注目のテーマ