ソフトバンク明石、してやったりの華麗好捕

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4―5DeNA(14日・ヤフオクドーム)

 明石が華麗な二塁守備で球場を沸かせた。9回2死、宮崎の詰まった打球が自身の後方に上がると、全力で背走しジャンプ一番でキャッチ。勢い余って着地後に1回転した。

 「少し後ろに守っていたし、スタートもよかった」としてやったりの表情。打撃では2点差の8回1死一塁で右翼フェンス直撃の二塁打を放って二、三塁とし、一打同点の場面をつくった。あと少し打球が上がれば同点弾という惜しい当たりに「けっこう詰まった。追いつけたらよかったけどね」と残念がった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ