エース千賀、7回のマウンド見たかった/西村龍次氏の目

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4―5DeNA(14日・ヤフオクドーム)

 満塁という状況で言えば、千賀に不運が重なった。6回無死一塁、筒香に打たれた右前打は、打ち取った当たり。ロペスには追い込んで内角を攻めたボールが死球になった。ただ、ソトに投じた外角の真っすぐは打たれても仕方がない。シュート回転して甘く入ってしまった。

 あのコースは外国人なら踏み込まなくても、手が伸びてバットに当たるし、よく飛ぶ。ロペスへの死球もあって、インコースに配球できなかった状況もあっただろう。ただ、あの場面で外角に直球を投げるなら、きっちり低めに制球しなくてはいけなかった。

 両膝に手を突いてうなだれた千賀だが、その後、しっかりベースカバーにも入ったし、後続を断った。体力的にも7回は続投できたと思う。ショックを断ち切り、DeNA打線に向かっていくエースを見て、野手がどう感じるか。何とかしてやりたいという気持ちが流れを変えた可能性もある。そういう意味でも6回限りでの降板は残念だった。

 一方、ホームランこそ打たれたが、今永の投球は素晴らしかった。特にあの真っすぐは、狙っていても捉えることは難しい。あらためていい投手だと感じた。 (西日本スポーツ評論家)

PR

PR

注目のテーマ