ソフトバンク甲斐激走セーフも…リクエストで判定覆る

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-DeNA(15日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク甲斐の一塁セーフ判定がリクエストで覆った。

 2回1死で三遊間へゴロの打球。処理したDeNAの遊撃手・大和の一塁送球は本塁方向へ流れ、ワンバウンドを一塁手ロペスが倒れ込みながら捕球したが、最終的に足がベースから離れた。甲斐が駆け抜け、一塁はセーフと判定された。

 ロペスがアピールし、すかさずDeNAラミレス監督がリクエスト。場内にも映し出されたリプレー映像では、捕球時点でロペスの右足が一塁ベースから離れていないようにも見え、左翼席のDeNAファンからは歓声も上がった。

 長いリプレー検証の結果、判定は覆ってアウト。ソフトバンクは三者凡退でこの回の攻撃を終えた。

PR

PR

注目のテーマ